学生とのトラブルを回避するためには

看護学生として看護師になるために日々勉強していた頃、
教員とトラブルがあったという人も居るのではないでしょうか。

 

看護師という仕事は、人間関係が濃く、
独特の閉鎖的な環境となるとされているのですが、
看護師を養成する専門学校もまた、閉鎖的な環境となっているんです。

 

 

そのため、看護教員と学生との間で、
トラブルが起きてしまうこともあるんですね。

 

看護教員側としては、人の命を預かる仕事ということで、
時にはかなり厳しく指導を行いたいと考えます。

 

 

ですが、学生の中には、とりあえず資格が欲しいという理由から、
看護師の養成学校を選んだ人もいるんですよね。
この考え方の相違というのは、トラブルの原因になりやすくなります

 

 

看護教員として働く際に、目標として掲げることが多いのが、
学生達を看護師として立派に育て上げ、巣立たせることです。

 

患者さんや家族の方から感謝されたり、
信頼されるような看護師になってほしいという気持ちは強くあります。

 

 

ところが、学生の中には、
そこまで強く看護師を志望しているわけではないという人も居ます。

 

看護師は給料が高く、安定している仕事ということから、
とりあえず看護師を目指そうという人も居るんですね。

 

 

看護教員の気持ちを重く感じてしまい、指導が厳しいと言う生徒も居ます。
看護教員としては、まず学生の気持ちを考えてから教員の気持ちを伝えることによって、
意識のズレを解消していくことが出来れば、トラブルを避けることが出来ます。